駐停車違反に課される行政処分とは

駐停車違反は、駐停車禁止になっている場所に駐停車を行ったり、駐車禁止の場所になっている場所に駐車する交通違反のことです。この交通違反を行った場合の行政処分は、違反した場所が駐停車禁止の場所なのか、駐車禁止の場所なのかによって異なります。
違反した場所が駐停車禁止場所だった場合は、違反点数が2点加点され、反則金の納付額は大型車が15,000円、普通車が12,000円、二輪車と原付車が7,000円となっています。駐車違反場所だった場合は、違反点数の加点は1点で、反則金の納付額は大型車が12,000円、普通車が10,000円、二輪車と原付車が6,000円となっています。また、警察署長から許可を受けた車両が時間制限駐車区間で時間制限を超えて駐車していた場合など、特定のケースでは反則金の納付がない場合に車の所有者に対して放置違反金の納付が命じられることがあります。
駐停車禁止場所や駐車禁止場所は、標識や標示で示されている場所に限りません。例えば、トンネルや坂の頂上付近、急勾配の坂道、交差点の側端から5m以内、停留所の標識から10m以内などは全て駐停車禁止となっています。車を運転していると、荷物の出し入れや交差点付近の建物で用を足す目的で横断歩道や停留所の近くに車が停められている光景を見かけることがありますが、この行為は立派な違法駐車なので絶対にしないようにしましょう。

Comments are closed.