スピード違反に課される行政処分とは

一般的にスピード違反と呼ばれている交通違反は、正式には速度超過といいます。速度超過は名称からもわかるように、法定最高速度を上回る速度で走行することで、日本の道路交通法違反事件において毎年最も多い件数になる違反内容です。
交通違反では、一般道路で時速にして30km以上、高速道路で40km以上の超過だった場合、違反点数は最低でも6点加点されるため免許停止の行政処分の対象となり、支払うお金は罰金となります。検挙した警察官からは告知票(赤切符)が渡され、指定の期日に簡易裁判所に出頭しなければなりません。これに対して、一般道路で時速にして30km未満、高速道路で40km未満の超過だった場合は、超過した速度に応じて違反点数が1~3点加点され、支払うお金は反則金となります。反則金についても超過した速度に応じて決定され、大型車が12,000~40,000円、普通車が9,000~35,000円、二輪車が7,000~30,000円、原付車と小型特殊車が6,000~20,000円となっています。
速度超過は警察官による検挙のほかに、自動速度違反取締装置による検挙があります。このうち、自動速度違反取締装置による検挙は、赤切符の対象となる大幅な速度超過に対してのみ行われます。テクスチャー02

Comments are closed.