交通事故の加害者にはどんな刑事責任と民事責任が科されるのか

交通事故により、相手にケガを負わせたもしくは死亡させた場合、加害者には三つの責任がかせられます。一つ目が刑事責任です。これは刑法に定められている自動車運転危険致死傷罪や、自動車運転過失致死傷罪、道路交通法違反で処罰されるものです。処罰の内容は、罰金や懲役といったもので、通常の犯罪と同じです。警察で取り調べを受けて検察官に書類が送付されます。検察官にも取り調べをされて、ケガの内容やお互いの過失割合、過去の事故歴や違反歴によって処罰が変わってきます。ケガが軽かったり被害者の過失が大きかったような場合は、不起訴と言ってお咎めなしになることがあります。その次は罰金刑で検察官から命令された金額を納付すればそれで終わりです。罪が重いとされる時は裁判によって処罰がきめられます。次に民事責任、これは被害者に対して損害賠償を行わなければならない責任です。これは民法と人身事故の場合は自賠法によって誰が
民事責任を負うことになるかが決められています。最後に行政処分、これは免許の停止や取り消しが科せられるものです。点数制度になっており人身事故だと何点、飲酒運転だと何点と決められており、所定の点数を超えると停止や取消になります。

Comments are closed.